日間賀島二大名物、「たこ」と「ふぐ」。

ふぐは高級料理として知られていますが、本場日間賀島では10月から3月までお得にお楽しみいただけます。
※お料理内容は季節や仕入れによって異なります。

日間賀島二大名物、「たこ」と「ふぐ」。

ふぐ

とらふぐの本場・日間賀島で味わうふぐスタンダードコース

ふぐ料理の定番である「てっさ」、「てっちり」、「てっぴ」を、手軽にじっくり味わえるコースです。
文成自慢のてっちりは、ふぐに合う味に仕上げています。シメは、出汁のうま味がたまらないふぐ雑炊を!

  • とらふぐの本場・日間賀島で味わうふぐスタンダードコース
  • とらふぐの本場・日間賀島で味わうふぐスタンダードコース
  • とらふぐの本場・日間賀島で味わうふぐスタンダードコース
  • とらふぐの本場・日間賀島で味わうふぐスタンダードコース

名物ふぐ&たこをふんだんに!グレードアップコース

スタンダードコースに、伊勢海老、たこの丸ゆで、ひれ酒を追加!一度にタコとふぐが味わえるグレードアップコースになります。弱火でゆっくりと焼いたふぐのヒレは、厳選した辛口の日本酒とどうぞ。

  • 名物ふぐ&たこをふんだんに!グレードアップコース
  • 名物ふぐ&たこをふんだんに!グレードアップコース
  • 名物ふぐ&たこをふんだんに!グレードアップコース
  • 名物ふぐ&たこをふんだんに!グレードアップコース
  • 名物ふぐ&たこをふんだんに!グレードアップコース
  • 名物ふぐ&たこをふんだんに!グレードアップコース

とろける白子に圧巻!日間賀島満喫スペシャルコース(11月~3月限定)

グレードアップコースから、さらに白子蒸し、煮ふぐが追加されたふぐのフルコース。
とろとろの白子が食べられるのは、限定された期間のみ。味の染みた煮ふぐは絶品です!

  • とろける白子に圧巻!日間賀島満喫スペシャルコース(11月~3月限定)
  • とろける白子に圧巻!日間賀島満喫スペシャルコース(11月~3月限定)
  • とろける白子に圧巻!日間賀島満喫スペシャルコース(11月~3月限定)
  • とろける白子に圧巻!日間賀島満喫スペシャルコース(11月~3月限定)
  • とろける白子に圧巻!日間賀島満喫スペシャルコース(11月~3月限定)
  • とろける白子に圧巻!日間賀島満喫スペシャルコース(11月~3月限定)

朝食

冬季ふぐコース限定の朝食は、朝からふぐが楽しめる贅沢なメニュー。

朝食

ふぐ

「ふぐの王様」と称されるとらふぐ。とらふぐは、低脂肪・高たんぱく質でコラーゲンを含んだ身を持つ白身魚。ふぐの中でも大型で、しっかりとした旨味と甘味を兼ね備えているのが特徴です。身、皮、ヒレ、白子と、さまざまな部位を楽しめます。文成でも食べられる、ふぐの代表的な食べ方をご紹介します。

ふぐ

ふぐ刺し。別名てっさ。

てっさの由来は「鉄砲」。ふぐの刺身は“てっ”ぽうの“さ”しみであることから、「てっさ」と呼ばれるようになりました。ふぐ料理の中でも定番とされているてっさは、モチモチとした歯ごたえと、噛むたびに口の中へ広がる甘味が魅力です。
分厚く切ると噛み切りにくいため、1~2ミリの薄さに切られ、数枚を一度にすくって食べるのが正しい食べ方です。ネギやもみじおろしなどの薬味とポン酢でどうぞ。

ふぐ刺し 別名てっさ
ふぐちり鍋。別名てっちり。

江戸時代では、昆布だしなどで煮ながら、薬味を加えて食べる鍋のことを「ちり」と呼んでおり、同じく鉄砲から「てっちり」となったのが由来です。てっさと違い、ふぐを厚く切って食べるのが主流。
熱を加えるとまた違った味わいを楽しむことができ、寒い冬にぴったりです。

ふぐちり鍋 別名てっちり

ゼラチン質で、コラーゲンたっぷりのふぐ皮。
ふぐ皮は三層になっていて、身から皮を剥ぎ、棘を取り除いてから調理に入ります。
棘に覆われているすぐ下の皮が「表皮」、やや厚みのある「皮下組織(とおとうみ)」、さらに内側が「身皮」。
それぞれ特徴的で独特な食感を楽しめ、クセになるおいしさがあります。

ふぐ皮

白子

白いダイヤと呼ばれる白子は、オスふぐ一匹からわずかな量しかとれない貴重な食材です。
クリーミーで濃厚な白子のとろける舌触りに、思わずうっとりしてしまいますよ。


ふぐ皮

上へ戻る